読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりの・・・お客さん

こんにちは!

今朝は蒸した!

24℃あった、曇っていた、風が少ししか吹かない。

かなり、蒸したが日照りより、増しなのかな~

 

一年振りの青年が今日来てくれた、ご家族と一緒だった。

最初はビニールを敷いて、釣を見ていた。

ほんわかした。

感じの良い青年なので、覚えていた。

ありがとうね~

 

お客さんの連れ合いの方と話した。

国鉄時代の話になり、一時昔に戻っている自分がいた。

かなり、鮮明に覚えている。

今の事は直ぐ忘れるが・・・

 

昨日、同級生の打ち合わせの集まりがあった。

ささやんが凄いのだ!

おじさんしか、解らない事がいっぱいあった。

彼の様な人物が日本を救う時代が来るのだろう。

本を出したようなのだ。

早く、見たい、読みたいものだ!

100年後の日本・・・

想像出来ますか?

そして、その時代は期待出来ますか?

おじさんは感じる、日本に無くては成らない人物が出てくる。

・・・と。

 

日本は世界の手本に成る、そんな感じがする。

同級生・・・若く居ようではないか!

がんばるぞ~

アップロード写真が出てこないよ~